訪問頂きありがとうございます。このブログでは、【時間がない人でも、薬や手術に頼らず、 ”普段のちょっとした習慣”に気をつけるだけで、鼻づまりなどの鼻炎が根本から解消できてしまう方法】をお伝えしていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、宮田です。

このメルマガの中で、今までに何度も

『体を冷やさず温めることが大事』

というお話をしてきたのですが、
たまに、

「宮田さん、
私は手足がいつも温かいし、
体温も36℃台だし、
体は冷えていないと思います。

でも、鼻がつまりやすいし、
のども痛くなるし、頭も痛いし、
おなかやお肌の調子も悪いんです。
どうしてでしょうか?」

という方がいらっしゃいます。


実は冷え性にはタイプがあるのですが、

まず、手足が冷たくなることを

【末端冷え性】

といいます。

内臓が冷えると命に関わるので、
体は内臓を一番に温めようとするはたらきが
あるのですが、

内臓が冷えてしまいそうになると、
体は少しでも熱を逃がさないようにするために
手足などの末端の血管を縮めて
熱の発散を避けようとします。

そのため、手足への血流が控えられて
それで手足が冷たくなってしまう
というわけなのですが、

これは体の”防衛システム”が
正常に働いている証拠で、
病気でも異常でもありません。


しかし、この”防衛システム”が
正常に働かないタイプの冷え性があるのです。

それは、

【かくれ冷え性(内臓型冷え性)】

と呼ばれています。


このタイプの冷え性は、
【末端冷え性】とは逆に、
手足がいつもポカポカと温かいのが特徴です。


体の防衛システムがうまく働いていないために、
内臓の大事な熱が、
血流によって手足の末端にまで送られて
そこからどんどん放熱されてしまって、

いつも手足は温かいのに
内臓は冷えっぱなしという状態が続いて、

消化不良を起こして下痢や便秘になったり、
慢性疲労になったり、
肩こりや頭痛を引き起こしたり、

免疫力が落ちて
アレルギーになりやすくなって
鼻づまりや鼻水などの鼻炎やのどの炎症も
引き起こしやすくなります。


恥ずかしい思いをしたわけでもないのに
顔や耳がかぁっと熱くなる『顔のほてり』も
防衛システムの異常による【かくれ冷え性】で、

顔や耳からどんどん体温が
発散されてしまっています。

これはよく【冷えのぼせ】とも
言われますね。



では、どうして防衛システムが異常を起こして
手足の血管がうまく縮んでくれないのか?


血管を広げたり縮めたりするのは
『交感神経』と『副交感神経』の
2つの【自律神経】のはたらきなのですが、

ストレスや不摂生な生活によって
緊張やゆるゆるだらだらの状態が長く続いて

この【自律神経のバランス】が
乱れてしまっていることが主な原因です。


ほかには、血管の老化によって
血管が固くなって動きにくくなっている
ということもあるのですが、

あなたがまだそんな年齢でない場合は、
自律神経のバランスを取ってやることで
【かくれ冷え性】を改善することができます。


そのためには、
このメルマガの中でも紹介してきた

・腹からの深い呼吸をする
・体の柔軟体操やマッサージをする
・猫背をやめる
・足腰に負担の少ない歩き方をする
・両方のあごでよく噛んで食べる
・水分補給のタイミングを守り、こまめに補給する
・おなかを冷やさず、温める
・できるだけ口で息をしない


などを常に意識して
こまめにおこなってください。

そうすれば、
【末端冷え性】も【かくれ冷え性】も改善されて、

おなかの調子がよくなって、
お通じがよくなって、ダイエットもできて
肌も綺麗になって、体臭や口臭もなくなって、
頭痛ともオサラバできて、

アレルギーに強くなって、
鼻・のど・目の症状もおさまってきます。



意識しないといけないことがたくさんあって、
慣れないうちは一度に実践するのは
なかなか難しいと思います。

せっかく気づいたことを忘れてしまっては
もったいないので、

「よし、今日は姿勢に気をつけよう」
「今日は呼吸と歩き方に気をつけるぞ」

などと、ひとつやふたつずつでもいいので
少しずつ取り入れて自分のものにしていって
病気に負けない、丈夫で健康な体を
手に入れてくださいね。


それでは今回はこれで終わります。
ありがとうございました。


宮田裕司

------------------------------------------
感想やご意見・要望・相談などあれば
今後いろいろなお話をする上で参考にもなるので
気軽にメールをくださいね。
yuji-miyata@h5.dion.ne.jp
------------------------------------------



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/06/24 23:37】 | 未分類
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
こんにちは、宮田です。

以前のトピックで、
『常に姿勢を意識して歩く』ということを
おすすめしたのですが、
あなたは実践されているでしょうか?


意識するだけで綺麗な歩き方ができる
とのことだったのですが、

実はそれだけでは
綺麗な姿勢では歩けない可能性がある
という大きな問題がありました。


それは、
【靴があなたの足に合っていない】
ということです。


かかとがスカスカで
靴の中で足が滑っていたり、

靴の幅が狭くて
足の親指や小指が痛くなったり、

靴底がペッタンコで
すぐに足の裏が疲れてしまったりなど、

単純に
【快適に歩き続けられない靴】
を履いていたら、

足の痛みや不快感をかばおうとして
どこかいびつな歩き方になってしまいます。

そうすると、
足の裏全体にバランスよく体重がかからず、
歩く姿勢が歪み、

足腰に大きな負担がかかって
腰痛のもとになったり、

さらに影響が上半身にまで及んで
肩こりや頭痛まで引き起こしてしまいます。


悪い姿勢で歩くことが多くなると体が歪み、
歪んだ部分の筋肉がこり固まって、
血管を圧迫して血行不良になって、

栄養分や酸素がまんべんなく全身の細胞に
行き渡りにくくなって、

毒素や老廃物もうまく排出されずに
どんどん体にたまっていって、

体温が上がらずに低体温になって
免疫力や自然治癒力が落ちて、

鼻づまりや鼻水、くしゃみ、咳、目のかゆみ、
肌荒れなどのアレルギー症状を引き起こしたり、

消化不良を起こして便秘や下痢になったり、
肥満になったり、

頭がぼーっとして集中力が落ちたり、

ということにつながっていきます。


自分の足にぴったり合った靴を選ぶ
というのはとても重要なことです。

あなたがもし今、
足に合わない靴を履いていたら
それを今すぐゴミ箱に捨てて、

自分の足に合う靴を探しに
靴屋さんに行ってください。

『シューフィッターさん』
のいる靴屋さんに行けば、
あなたの足にぴったり合う靴を
用意してくれます。

あとは靴を試し履きして
お店の中を少し歩き回って
感触を確かめてください。

できれば、
足の甲の部分の高さが調整できる
『スニーカー』などを履くのがいいです。


…こういう話が、一般的な
『足に合う靴選び』の方法なのですが、

せっかく”一目ぼれ”して買った
お気に入りの靴を捨てる、
または下駄箱の飾りにしてしまうのは
あまりにもったいないですよね。

また、店内のフロアとアスファルトの上を
歩くのとでは、まったく地面の固さが違うし、

しばらくその靴を履き続けてみないと
長く使えるかどうかなんてわかりません。


それに、靴は自分をよく見せるための、
あるいは自分を好きになるための
『ファッションアイテム』でもあるので、

自分好みのデザインの靴を見つけたら
サイズが少々合わなくても買って
履いて歩きたいですよね。


『中敷き』や『滑り止め』など
快適な靴ライフをサポートするグッズも
ありますが、

実際、それらを使うと厚みでかさばるので
靴がきつくなったり、まったく効果がない、

なんてことも多く、
そう簡単にはいかないと思います。


『オーダーメイド靴』を作る
という方法もありますが、
1足作るのにン万円単位と
恐ろしくお金がかかりますし、

保健が適用される場合でも
数万円はかかってしまうようです。


ですので、
『自分の足にぴったり合う靴』
に出会うのは
ごくまれで難しいことではないかと思います。


「じゃあ宮田さん、
合わない靴を履き続けて足が歪んで
体まで歪んでしまうのは仕方がないんですか?」

という意見が出ると思いますが、

家に帰ってきて靴を脱いだ後の
アフターケアをこまめにしてやれば
大丈夫だと思います。


足は『第二の心臓』とも言われているように、
”ツボ”がかなりたくさん集中しています。

合わない靴を履いて
足のあちこちに痛みやコリが残るということは、

その部分をかばって姿勢が歪むだけでなく、
脳や内臓、器官の各部にも影響が及び、
万病を引き起こす

ということにもなります。

もちろん、鼻への影響も例外ではありません。


そこであなたにおすすめしたいのが、

『鼻づまり解消エクササイズ-3-』

というタイトルの、

【足のマッサージ】を中心とした
エクササイズです。


今回も10のステップに分けた
座ったままでテレビやパソコンを見ながら
今すぐラクにできるものばかりです。

靴下を履いている場合は、
脱いでからやったほうがやりやすいです。

---------------------------------------------------

 1.両足を伸ばして(曲げたままでもよい)、
   足指全部を”ぐーっ”と3秒間握ってぱっと広げる。
   これを4セット。

 2.右足を左ひざの上に置いて、
   手で足のつま先全体をつかんで
   ぐーっと手前に3秒間曲げる。

 3.足の指をつまんで、足指の『股』を
   各3秒間ずつぐーっと横に広げていく

 4.足の親指を上にぐーっと3秒間倒し、
   下にも3秒間倒す。
   残りの指も同様にやる。

 5.足の親指をつまんで
   前に3秒間引っ張る。
   残りの指も同様にやる。

 6.左手でこぶしを握って、
   出っ張った骨を足の裏にあてる。

 7.右手でその左手を上からつかんで
   上半身の体重をかけてぐりっぐりっと揺らしながら
   足の裏のかかとからつま先まで   
   小刻みに押していく。これを2往復。

 8.右手で足首をつかみ、
   左手でつま先をつかんで
   ぐるぐると足首を10回まわす。

 9.反対側にチェンジして2~8の作業を
   同様にやる。

10.両足とも終わったら、
   両手を組んで手のひらを上に向け、
   上からひっぱられている感じで
   ぐーっと上に10秒間伸ばす。

---------------------------------------------------

いかがでしょうか。
やり方のイメージはできましたか?
何度かやると要領がつかめてくると思います。


要は『足裏マッサージ』なのですが、
指圧だとすぐに疲れてしまうので、

【こぶしの”骨”を使って、なるべく力を使わずに
しかもたくさんのツボを一度に押す】

という工夫をしてみました。

足の指もしっかり広げて
『外反母趾(がいはんぼし)』などの対策を
してください。

最後に背筋を伸ばすのは、
この一連の作業のときに前かがみになってしまって
腰に負担がかかるからです。
ですので最後までしっかりやってくださいね。


このエクササイズをやっているうちに
血行やリンパの流れがよくなるので、

つまっていた鼻が通るようになったり、
内臓が活発に動き出すなど、
体の調子がよくなってくるのがわかります。


ひととおりやってみて、
とくに気持ちよかったもの、場所は
こまめにマッサージするように
習慣づけてみてくださいね。


それでは今回はこれで終わります。
ありがとうございました。


宮田裕司

------------------------------------------
感想やご意見・要望・相談などあれば
今後いろいろなお話をする上で参考にもなるので
気軽にメールをくださいね。
yuji-miyata@h5.dion.ne.jp
------------------------------------------




FC2blog テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/06/17 22:47】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは、宮田です。

今回は、前回の続きで

『水分補給のポイント』

についてお話しします。


まず、基本的には
【のどがかわく”前”に水分を補給する】
ということです。

「のどが渇いた」と感じるということは、
体が水分を強く求めている”軽い脱水状態”
になっているのですが、

その状態になっているということは、
血液中の水分が不足して”ドロドロ血”になって
血流が悪くなっているということですので、

すでに細胞が壊れていっているなど、
全身に異常が起こりはじめている、
ということです。

たとえば、脳の水分の7割は
水でできているそうなのですが、

水分が不足した瞬間から
脳細胞がどんどん壊れていっている
ということになります。

のどが渇く前に
こまめな水分補給をしてください。


ただし、こまめに飲むといっても
食事の直前や食事中、食後には
トータルでもコップ1杯(200cc)程度に
してください。

どうしてかというと、
食事の前後に水分が多すぎると
胃液が大きく薄められてしまって
消化が悪くなってしまうからです。


消化が悪くなると、
胃もたれや胸焼け、胃痛のもとになったり、

腸での分解に時間がかかって
未消化物が腐敗して悪玉菌が増えて、

毒素が増えて腸内環境が悪くなって
下痢や便秘になったり、

さらに腸壁から吸収された毒素が
血管に入って全身をめぐって
体臭や口臭や足のニオイのもとになったり、

免疫力が落ちて、アレルギーやニキビや
病気が発症しやすくなったりしてしまいます。


ですので、食事の直前~直後の間は
水分をあまりたくさん摂らないように
してください。


それから、
寝る前に水分補給をすると
夜中にトイレで起きてしまいやすく
なるのですが、

そうなると、寝不足になるとか、
冬場だと急に体が冷えるなどして

【睡眠の質】が落ちてしまうので、

なるべく摂らないようにするか、
多くてもコップ1杯までに
しておいてください。


ちなみに、私の場合は
朝起きてすぐと昼食の前、夕食の前に
400cc程度の水を飲んでいます。

これで1.2リットルで、
あとは食事から0.5~1リットルくらい
摂れていると思います。

お風呂や運動などで汗をいっぱいかいたときや
下痢をしたとき、鼻水が大量に出たときなど、
その都度補給する水分を加減してください。


「宮田さん、
水分をこまめに補給することがどれくらい大事か
ということは分かったのですが、

私は仕事が忙しくてあまり水分補給をする時間が
取れないんです。

あと、トイレに行く時間も取りにくいので
できるだけ水分は摂らないようにしています。

それでも水分をちゃんと摂るには
どうしたらいいでしょうか?」


という意見があると思うのですが、

そういう場合は、
最低でも睡眠から目覚めてすぐに
500cc程度の水分だけは補給するように
してみてください。

寝ているときの何時間もの間、
代謝(エネルギー消費)が活発になっていて
体温がずっと上がっていて、
水分もそれだけたくさん失われているので、

【起きてすぐ】というタイミングが
いちばん大事です。


起きて口の中を一度さっとゆすいだり
うがいをしてから、

一気飲みなどしないで、
ゆっくり、モグモグと”噛みながら”
飲んでください。

私たちの舌やあごは、内臓に向かって
「これからそっちにものを送りますよ」
と知らせるセンサーにもなっているので、

ゆっくりと噛みながら飲むことで
内臓が水分を受け付ける体勢に入り、
負担が少なくすることができます。

起きてすぐのときはとくに
内臓がまだ眠っている状態なので、

この飲み方を意識しながら
2~3分かけて飲むようにしてください。


こうやって、起きて一番に
ゆっくり、たっぷりと水分を
体に入れてあげると、

内臓が目覚めて、筋肉が目覚めて、
脳がシャキッとして
集中力が上がります。


ぜひ、これを参考にして

●できるだけこまめに水分補給
●最低でも起きてすぐに水分補給
●食事の前中後と寝る前にはあまり水分を摂らない

ということを習慣づけてみてください。


飲む量に関してですが、
ここで紹介しているのはあくまで
”目安”ですので、最終的には、

「おなかは下ってないかな」とか、
「体の調子はいいかな」とか、

自分の体と相談しながら飲む量を加減して、
決して無理はしないでくださいね。



では今回はこれで終わります。
ありがとうございました。


宮田裕司


------------------------------------------
感想やご意見・要望・相談などあれば
今後いろいろなお話をする上で参考にもなるので
気軽にメールをくださいね。
yuji-miyata@h5.dion.ne.jp
------------------------------------------





FC2blog テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/06/05 22:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは、宮田です。

あなたは、1日にどのくらい
水分を摂っていますか?


私たちの体の6割は
水分でできているということは
あなたもよく聞く話だと思いますが、

この水分が不足すると、
血液の中の水分の割合が低くなって
血が濃くなってしまう、つまり

【ドロドロ血】
になってしまいます。


【ドロドロ血】になると、
単純に血が流れにくくなるので
血流が悪くなるのですが、

血流が悪い状態が続くと、
体はボロボロになっていきます。


いったいどういうことなのか?


まず、血液がどんなはたらきを
しているかということですが、

・肺から受けた酸素や
 腸から受けた水分や栄養分やイオン、
 『副腎(ふくじん)』から受けたホルモン
 などを全身に運ぶ

・全身の細胞から受けた
 二酸化炭素や老廃物を
 肺や肝臓、腎臓に運ぶ

・毒素やウイルスをやっつける

・異物やアレルゲン(アレルギーのもと)
 を処理する

・傷口を固めてふさいで止血し、傷を治す

などの、
たくさんの大事なはたらきを持っています。


ですので、
水分が不足して血の流れが悪くなる
ということは、

酸素や栄養分が全身に行き届くのに
時間がかかって、
その間に全身の細胞が
どんどん壊れて老化が進んだり、

細胞にホルモンが不足して
新しい細胞が作られにくくなったり、

生殖器官に異常が起こって
精子の数が減ったり、
生理不順になったり、

毒素やウイルスやアレルゲンが
処理されるのに時間がかかって
病気やアレルギーになりやすくなったり、

ケガをしても
血が止まりにくくなって、
傷の治りも遅くなったりするなど、

たくさんの症状を引き起こすもとに
なってしまうのです。


さらに、ドロドロ血は
体を冷やすもとにもなります。

それは血液が【熱】を運ぶというはたらきも
持っているからです。

熱を持った血液が全身を巡ることで
全身が温められているのです。


たとえば足湯をすると、足だけでなく
顔や手までポカポカしてくるのですが、
これは血液が熱を全身に運んでいるからです。

ですので、水分が不足すると
熱が全身に運ばれるスピードが遅くなる、

つまり、
【体が温まるのにも時間がかかる】
ようになってしまいます。

体が温まりにくくなるので
体が冷えやすくなるのです。


体が冷えると、
消化が悪くなったり、

免疫システムのはたらきが悪くなって
病気やアレルギー症状を引き起こしやすくなって
風邪をひきやすくなったり、
花粉症や喘息、皮膚炎になりやすくなったり、

ガン細胞が活発になって
ガンになりやすくなったり、

疲れが取れにくくなったり、
体がむくんだりしてきます。


水分が不足するということは
万病を引き起こすもとです。


水分は主に汗や尿、便などで
大半が失われていきますが、
呼気(吐く息)からも多くの水分が失われます。

鼻炎で鼻水が大量に出ていたら、
そこからも多くの水分が失われています。

しっかりと水分を補給するように
してください。


では、1日にいったいどれくらいの
水分を摂ればいいのか?


私たちの体に必要な水分は
1日に2~2.5リットルと言われていて、

そのうち食事から摂る量は
だいたい0.5~1リットルくらいと
言われています。

ですので、
1日1~1.5リットル前後で
意識して水分を補給するようにしてください。


もちろん、
冷たいものは体を冷やしてしまうので、
できるだけ温かいものを飲んで
心まで「ほっ」と温めてくださいね。


そこで、
『水分補給をするときのポイント』
というものがあるのですが、
続きはまた次回お話しします。


宮田裕司


------------------------------------------
感想やご意見・要望・相談などあれば
今後いろいろなお話をする上で参考にもなるので
気軽にメールをくださいね。
yuji-miyata@h5.dion.ne.jp
------------------------------------------





FC2blog テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/05/29 17:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは、宮田です。

私が体を温めるのに愛用している
『2つのスーパーアイテム』ですが、

前回は、寝るときに使う
『湯たんぽ』の紹介をしました。

湯たんぽはとても温かくて気持ちがいいので
できれば肌身離さず身につけていたいもの
なのですが、

残念ながら湯たんぽを持ったまま出かけたり
何か作業をしたりすることは
できないですよね。


湯たんぽのように温かくて
しかも持ち運ぶことができるものといえば

『カイロ』

というものがあるのですが、

私もカイロは愛用しています。


ただ、僕が使っているカイロは
”使い捨て”ではありません。

”燃料”を使って
半永久的に繰り返し使え、
しかも使い捨てカイロより
だんぜん温かいものです。

そのハイパワーと携帯性から
多くの雪山探検家や南極の観測隊などにも
愛用されている”本物”です。


1978年に使い捨てカイロが登場するまでは
このカイロが主流だったらしく、
私のおばあちゃんも使っていたそうなので

もしかしたらあなたも
聞いたことがあるかもしれないのですが、

【ハクキンカイロ】

という”金属製”のカイロです。

画像
http://challengespirits.sakura.ne.jp/kairo_img

ぱっと見は
『ZIPPO(ジッポ)』のオイルライターを
ひとまわり大きくしたような風貌で、

”ベンジン”という、
染み抜きなどに使う液体を燃料としています。


ただ、燃料といっても、
燃やして発火するというわけではなく、
『触媒(しょくばい)』という
化学反応を起こして、

使い捨てカイロのように
炎を上げずに低温で発熱する
という仕組みです。


これをそのままじかにさわると
ヤケドするくらい温かくなるので、
付属のカバーに入れて身につけるのですが、

私はこれを一日中おなかにあてて
内臓、とくに”胃”を温めるようにしています。


ストレスや疲れなどを感じると、
胃がきゅーっと縮こまって
血流が悪くなってしまう=冷えてしまう
のですが、

こうなると、
胃のはたらきが悪くなって
『消化不良』を起こしやすくなり、

食べたものが充分に消化されず、
胃もたれや胸焼けの原因になったり、

腸に流れてもうまく分解されにくくなって
栄養分を充分に吸収することが
できなくなって、

分解しきれなかったものが
腸の中で腐って”悪玉菌”のエサになって
悪玉菌が増えて毒素が増えて、
腸内環境を悪くして

便秘や下痢になりやすくなったり、
毒素が腸壁から吸収されて血管に入り、
全身をめぐって免疫力を低下させ、

体臭や口臭のもとになったり、
アレルギー反応を起こしやすくなって、

アレルギーが鼻に現れると
粘膜がホコリや異物に対して過剰反応を起こして
くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの
『アレルギー性鼻炎』を引き起こしたり、

ニキビや吹き出物、口内炎、ヘルペス、
肌荒れ、痔なども発症しやすくなります。


さらに、胃が冷えていると
胃酸のコントロールが乱れて
胃壁があれて胃痛になったり、
胃潰瘍ができたり、

胃に住み着く悪玉菌である『ピロリ菌』や
がん細胞が増えやすい環境になって
胃がんが発生しやすくなったりします。


また、胃が縮こまることで
自然と姿勢が前かがみになって『猫背』になり、
肩こりや頭痛を引き起こしたり、
姿勢が歪んで全身の血行まで悪くなったりもします。


胃を冷やすことは万病につながります。

だからあなたにも
常に胃を温めるという習慣を
身につけてほしいと思っています。


胃を温めることであなたは、

・ストレスに強くなる
・疲れがたまりにくく、取れやすくなる
・消化・吸収がよくなる
・便秘や下痢の改善
・肌がキレイになる
・アレルギー症状の改善
・気分が落ち着き、集中力が上がる
・姿勢が正されて他人からの印象がよくなる

など、たくさんのものを
手に入れることができます。


貼るタイプの使い捨てカイロを
肌着に貼って胃を温めるのもいいですが、

よりハイパワーで長持ちし、
ゴミも出さず経済的で、半永久的に繰り返し使える
『ハクキンカイロ』をおすすめします。


燃料のベンジンは
500ミリリットル入りで621円なのですが、
1ミリリットルで1時間もつので
500ミリリットルだと500時間分です。

1ミリリットルあたりの費用は
621円÷500=1.242円となり、

24時間ずっとハイパワーを保ちながら使っても、
24×1.242=29.808と
たったの30円程度しかかからないので
かなり経済的です。

使い捨てカイロは手軽ですが、
パワーが弱い上に8時間もてばいいほうだし、
費用もおそらく倍くらいはかかるし、
ゴミもたくさん出てしまいます。

ベンジンは発熱すると
水と炭酸ガスに分解されるので
常に空気はクリーンでゴミも出ません。


ただ、このカイロは
肌着などに貼り付けることができないので、
そのままでは常に胃の部分にあてておくことが
できません。

なので私は首からヒモでぶら下げて
カイロがちょうど胃の部分に来るようにして
服の中に忍ばせて、
常に胃を温めるようにしています。

こちらでカイロの詳しい使い方を
紹介しているので、ご覧下さい。

http://challengespirits.sakura.ne.jp/kairo_manu

『ヒモ』は携帯電話などに使う
ネックストラップでもいいし、
リボンや毛糸など何でもいいです。

カイロがちょうど胃のあたりに来る長さの
ものを使うのがポイントです。



私はこのカイロを近所のホームセンターで
たまたま購入できたのですが、
ハクキンカイロのサイトから
購入することもできます。

ハクキンカイロ
http://www.hakukin.co.jp/

商品は1800円~4500円と
いろいろ種類があるのですが、
僕は2500円のレギュラータイプを使っています。


ぜひ、この『ハクキンカイロ』で
胃を温める習慣をつけて、
鼻づまり解消だけでなく
いろいろな副産物も手に入れてください。


それでは今回はこれで終わります。
ありがとうございました。


宮田裕司

------------------------------------------
感想やご意見・要望・相談などあれば
今後いろいろなお話をする上で参考にもなるので
気軽にメールをくださいね。
mailto:yuji-miyata@h5.dion.ne.jp
------------------------------------------





FC2blog テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/05/05 00:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。